pc周辺機器

トラックボールはエレコムをオススメする理由

trackballtop

こんにちわ、マウスはトラックボールを10年間愛用しているぴょん吉だよ。
マウスって長時間使っていると手首がやられない?
姿勢の問題とか色々関与はしてくるのだけど、やっぱり長時間の作業では疲れる。
今日はトラックボールのお話。
エレコム製もロジクール製もどちらも使っていたのでそれらの違いや、今エレコムを使うにあたっての理由を書いていくよ!

トラックボールとは

トラックボールって聞きなれない単語だよね。
よくごっついゲーミング用PCと一緒に置かれている不思議なマウス。
これどうやって操作するの?なんかトラックボールの丸い部分ってどうやって使うの?
初めて触る人には決して理解できないものだよね。

普通のマウスと何が違う?

みんなが思い浮かぶマウスは先端に接続ケーブルが付いていて、左右にクリックできるように分かれているもの。そして底面にはスクロールできるように玉もしくはセンサー(光学式)が埋め込まれている。
最近は光学式が一般的になったけど、光学式は底面によっては反応しない弱点があるから、物理的な玉のほうが良かったりする場合もある。

トラックボールは全く違う代物。

有線か無線かは置いといて、まずボールが埋め込まれている。そして底面には何もない!
あとは人間工学的に変な形してごついのが多いかな。
マウスの移動はボールをクリクリ指で動かして操作する!
わたし、そんな細かい動きは器用じゃないから無理!って最初は思うかもしれない。
なぜゲーマー達はトラックボールを好むと思う?
それはむしろこのボール操作のほうが細かく繊細な動きに対応できるから。手首を動かすよりよほど楽に操作ができるんだよね!

どんな人が使うといい?

箇条書きにしてみた。

  • 細かいマウス操作がしたい人
  • 腱鞘炎になりかけている人
  • マウスの底面が反応しない(つるつるだったり)人
  • マウスを動かすスペースがない人
  • 大きい手の人

最初はロジクールのマウスを使っていた。

人生で初めて出会ったトラックボールはロジクールのM570t。
時代はダイヤル回線からADSLへ移行して筆者のパソコン時代がいよいよ幕明けしたころ。
オンラインゲームや資料を作成するときの悩みは手首がめちゃくちゃ痛くなること。
平気で2-3時間ぶっ続けで作業するから集中が切れたあとは手首の疲労と痛みが残っていた。
どうにか改善できないかと価格ドットコムで検索してたどり着いたのが当時トラックボールNo.1のロジクールM570tだったのだ~!

初めてのトラックボールで感動を味わったのは幾分経ってから。

誰でも新しい事には戸惑うよ。そして慣れないことは少し嫌になるし効率が落ちる。
でも長時間使えば使うほど、こいつの味がわかる。
まるでスルメ
一回使って最初は取っ付きにくいんだけど、使っていくうちに馴染んで馴染んで、離れられなくなる!
そしてその味に病みつきになっていた!
そう、数週間経ってから気が付いたんだけど、腱鞘炎になりかけていた筆者の手首は完全に回復していた。
手首の疲れは全くというと嘘になるが、明らかに軽減していたのよ!
このトラックボールは親指で操作するのだけど、慣れない頃は結構プルプルしてた。
でもすぐ慣れて細かい操作を快適に行えるように。
無線で電池の持ちも抜群。
PC環境は格段に改善された!

壊れた・・・リピート

3年ぐらい使ったかな。電池が減ってくると、マウスの動きがボールを動かしても遅くなってくる。
かくかくしてきたら電池がない証拠なので電池交換!
そのうち左クリックも効きが悪くなってきた。
あれ、ていうか連打しても効かない。
電池も新品だし。普段そんなガンガンクリックしているわけでもないのだけど。。
左クリックがお陀仏しました。
この頃にはあまりにもトラックボールの魅力に惚れ込みすぎたので同じやつを買いました。
リピート買いってやつ!

2回目も壊れたので乗換を決意

これでまた2-3年経過するのだけど。
またクリック部分が壊れた。
うーん、なんてこった!トラックボールって普通のマウスよりかは高いんだぞ!
ここでついに乗換を!

エレコムとロジクールの違いは

hikaku

エレコムのM-XT1DRBKが当時は同価格帯だったのでこちらをチョイス。
他にも10000円近い高級トラックボールとかあるのだけど、ボタンが増えたり機能が多ければいいってもんではない。大事なのは電池が持って、耐久性が良いか!
ちなみに今も現役で動いてくれてる。もう3年は経過しているけど壊れる気配なし。

省エネ性

機能の違いはそこまで大きく変わらない。
では違いは?
ひとつは節電
エレコムのは節電モードが使える。常に節電状態である!
これによりエレコムは273日乾電池1本で動くという驚きの省エネ性。
実際は400日ぐらいに1回電池を変えている気がする。
ロジクールも正式では電池持ちは約18か月と書いてある。これも省エネ性がすさまじいけど実際は1年ちょいかな。
電源onにしたままでの実際の使用感ではエレコムのほうが電池持ちが良い気がする。

フィット性

手へのフィット性はエレコムのほうが良い。
ロジクールはどちらかというとマウスの形が面影として残っている。
エレコムは全体として丸い。手のひら全体を包ませることで休ませてくれる。
つまりマウスに手を置いてて楽なのはエレコムなのだ。

一緒に使えば吉

ちなみにマウスを動かす必要がなくなったのでリストレストも一緒に使っている。
これによりさらに手首への負担が減った!一緒に使うと吉だよ。

まとめ

point
  • トラックボールは慣れれば手首の疲れ知らず。
  • 多機能かつ省エネでもある!
  • ロジクールはクリック系が脆い?
  • エレコムは手にしっかりフィット!

あなたの生活の質向上度

★★★★★
星は5つ。マウスはしっかり作業するうえでは必需品になるよね。
作業効率がマウスだけで全然変わってくるから、これを機にトラックボールデビューしてみたら!
手首の痛みにお悩みの方には絶対的にオススメだよ!
皆さんの生活の質が上がりますように♪
ではでは~~~!

気になったらこちらをどぞ!

今筆者が使っているのはM-XT1DRBKなのだけども型落ちして高くなっている!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です