生活アイテム

アイリスオーヤマの高圧洗浄機は洗車に重宝するけど、これは是非買い足して!

kouatutop

こんにちわ、時間があるときの洗車が楽しいぴょん吉だよ!
洗車ってどのくらいの頻度でやるもん?
マメな人は週末にやったりしてるよね。逆に雨降れば洗車になるんや!って人もいるかな。
筆者も以前は洗車機使って月1は・・・うそだな。
4半期に1回くらいの頻度で洗車機使っていたんだけど、結構高くつくんだよね。
そんなわけで今回は洗車用に買ったアイリスオーヤマ高圧洗浄機のレビューだよ~。

タンク式高圧洗浄機 SBT-512Nを選んだ理由

サイバーマンデーで安いものがさらに安くなっていたのが決め手だったんだけど。
お値段以上に他にはない機能があるのがアイリスオーヤマの良いところ。
また、無駄な機能が削ぎ落されているから価格も抑えられているところがユーザーにマッチングするんだろうな~と思うよ。

タンク式

買う決め手はこれ。
タンク一杯23Lのお水を汲んで、電源を確保すれば家のどこでも使えるということ。
汎用性が非常に高くなるよね。でも当初、洗車にはこのタンク機能は使う予定がなかった。我が家の駐車場には散水栓があるし、いらんいらんって思っていたのだけど・・・
これが予想外のことになる。

静音性

下位モデルのSBT412Nもタンク式で機能はほぼ変わらない。
唯一異なる点は音が抑えられているという点。

SBT512Nが従来のモデルの運転音40%抑えて71.5db。
対して、SBT412は40%増しになると考えて119.2db。

この差はかなりでかい!
周りに家や施設が何もないだだっ広い土地なら、いくらでも音出せるけど。
閑静な住宅街には少しでも静音性のほうが良いに決まっている。
ちなみに例を出すと

70dbは普通の会話~街頭レベルの騒音
120dbはバイク加速時の音~聴音限界レベル。

騒音計の種類と騒音レベルの目安

ちなみにSBT412Nは高圧ホースの長さが5 mしかないので注意だぞ。
洗車に使うのであれば10 mはないとぐるりと1周できず、とても洗車しにくくなってしまう。

値段

たまたま年末のサイバーマンデーで激安販売していたのが発端。
高圧洗浄機大手のケルヒャーお高いのよ。
オールマイティーに使えるK3サイレントはお値段2マン越え。
この半値で買えると思ったら、自然とアイリスオーヤマをぽちってたよ。
サイバーマンデーはたまに開催しているのでその時に買うのが良いでしょう。
筆者が購入した時は1マン切ってたよ♪

使ってみて気づいた点

check

あれ給水用のホース付いてないやん

自宅で散水栓を使う機会なんてなかったから、散水栓から水を供給するにはホースが必要だった。
室内からわざわざタンクに水入れて持っていくのは重いったらありゃしない!
ドンキで1000円の5mホースを速攻で追加購入。
いざホースを繋げて連続給水で高圧洗浄をやろうとすると、ホースがすっぽ抜けて大洪水に!
しっかり留め具も使いましょう。
水道側の留め具は100均でホース側&蛇口側のアタッチメントがあるのでそれを買おう。

高圧洗浄側の留め具は付属品があるからそれを必ず使うこと!
付属の金属留め具もドライバーでしっかり固定していたのだけど、これもたまにすっぽ抜ける。
かなりガッチガチに固定してやらないと大洪水になることがわかった。
外だからまだ良かったけど、室内だったらカミさんが鬼になるのが容易に想像できる。

めちゃくそうるさい!

70dbなら普通の会話レベルでしょ~。
余裕じゃん!ウキウキ♪なーんて思っていた期待は完全に覆されたよ。
スイッチをONに。

「ぎゅううういいいいいいいーーーーーーーんんんん」

爆音だよこりゃ。
数十秒の爆音がひとしきり続くと、鳴りやんだ。高圧するのに準備運動みたいなもんだろう。
さて水を流して、ターボランスを握ってトリガーを引くと。
再び
「ぎゅううういいいいいいいーーーーーーーんんんん」
という轟音と共に高圧の水が発射された。
使うたびにこのドリルのような爆音は流れる。
まあ高圧洗浄機はこんなもんだろうなとある程度妥協は必要だけど。
想像以上ですよ奥さん。
使う時間と頻度は考えなければいけない。
夜中に洗車やお掃除することはないけどさ~。
今のところ、隣接するご近所さんから苦情は来ていないが認知は確実にされている。
間違いなく言えることは。
我が家でもっともうるさい奴である!

タンク機能は使うべき

洗車には使わないで連続給水でらくちんと思っていたけど。
高圧だから内部止水機能を使っても、意外と大洪水が頻繁に起こる。
大洪水が起こるたびに蛇口ひねって水の根本を止めるのは煩雑だから結局、最初にタンクへお水を入れて使っている。
これならホース5 mも要らなかった。
我が家は散水栓と外用電源が離れているので自然と高圧洗浄機と散水栓の距離も出てしまう。
この止めるときの移動も結構めんどうくさいから、結局タンクをメインに使ってるよ。

洗車にオススメのパーツ

goods

高圧洗浄機だけだと洗車には少し役不足なので追加でグッズを購入することをオススメするよ。

泡発生フォームガン

よくプロの洗車動画で車体が泡まみれになっているよね。
あれ!まるごと泡洗車!やってみたかったんだよね~。
でも専用のアイリスオーヤマ製のフォームガンだと全く泡立ちしないという噂が。
なので他社製のものを購入。
これはアタッチメントもぴったりなのでアイリスオーヤマ製のものでも大丈夫。
後述のカーシャンプー:水=1:10くらいでモコモコの泡がプシューって出てくるよ。
これ楽しすぎる!!
その後に洗車用スポンジで洗って、最後に水を流すと完璧!

専用のカーシャンプー

タンクに直接、この洗剤を入れて洗浄することも可能。
メーカー的にはそちらが公式な洗い方だけど、一番のオススメは上記のフォームガンに洗車液をセットして、
泡を車体にぶっかけて洗うこと。

そうすればタンクも泡だらけにならないで済むからね。
ワックス面倒な人はワックス入りのシャンプーを使うべし。

まとめ

point
  • 高圧洗浄機はとてもうるさい。
  • 給水ホースとアタッチメントは買っておくべし。
  • 洗車するなら泡発生フォームガンを使おう。
  • 高圧洗浄機を使うと洗車が楽しい。

あなたの生活の質向上度

★★★★☆
星は4つ。音は静音性と言いつつも想像以上の爆音だった。
使う時間と頻度は本当に節度を持って守りましょう!
洗車機使うより、はるかにコスパは良いし何よりもとても楽しいので時間がある方は是非是非。
皆さんの生活の質が上がりますように♪
ではでは~~~!

気になったらこちらから!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です