pc周辺機器

折り畳みキーボードの選び方は5ポイントあるよ!

keyborad-select

こんにちわ、ぴょん吉だよ!
この記事では折り畳みキーボードを買おうか迷っている人の背中を一押しする文書を書いているんだ。

キーボードもピンからキリまで様々あるから選び方は慎重にね。

用途は?

用途

キーボードだけではもちろん機能しないから、何に対して使うのか。
これが第一に考えなければいけないよ。

スマホに使う

スマホで文書作成ってあまりする人はいないかも。
なぜなら画面が小さくて操作性が悪いから。
それでも緊急的に文書を作る必要がある場合は使うよね。
スマホ用であれば、スマホを保持できるスタンド付きのキーボードがオススメ。

タブレットに使う

これぐらいの画面サイズだと、文書作成も出来る。
でもノートパソコンと比べてしまうと圧倒的に操作性は落ちるよ。
アイパッドだと、キーボードと物理的に合体できてサーフェイスのような使い方もできる。
アンドロイド型だと、直接キーボードと接続は出来ないから別々に操作する必要がある。太ももの上にタブレットと折り畳みキーボードを乗せて操作しているとタブレットが落ちたり悲しい目に遭うことも・・・

サブキーボードとして使う

折り畳みをわざわざサブとして使うときっていうとテンキーとかかな?
ノートPCの画面から少し離れたところでタイピングするときも使えるか。
いずれにせよ使用頻度は低そう。

接続形式は無線か有線か?

無線

今の時代、絶対的に無線の方が数も多いし便利。

無線

Bluetooth接続が一般的
接続機器と距離があるわけでもないので接続不安定なんてことも心配しなくていい。
ただ、バッテリーの問題はある。

有線

安心と信頼の有線。
バッテリーはいらなし、ノイズによる感度低下もなし
USB接続が主体となるので、スマホだと接続できない可能性大
USBポートがあるタブレットPC向け。
接続できる端末が限られてしまうのでオススメできないよ。

折り畳みキーボードの形

キーボード

ある程度好みで選んでもいいかと思う。
でも折り畳んだ後のコンパクトさに影響してくるのが、この形なので注意。

観音扉タイプ

割と正方形に近い長方形に折り畳めるのがこの形。
右側にタッチパッドが付いていてマウス操作もできるタイプがある。

三つ折りタイプ

スマホやタブレットのスタンドにもなるタイプがこれ。
折り畳んだ後は細長い長方形になるので縦長カバンだとすっぽり収まる
ちなみにぴょん吉が買ったのが三つ折りタイプのこちら

折り畳みキーボードは無線でタブレット用に使うべし! こんにちわ、外出の時はタブレットと場合によってはノーパソを持ち歩いてるぴょん吉だよ。ガジェットを絞りたいと思って、一番重いノーパソを外...

二つ折りタイプ

縦にも横にも二つ折りタイプは存在する。
横におるとタブレットくらいの大きさになるので、どんなカバンにも入れやすい。

巻物タイプ

軽くて、小さくなる、一番持ち運びはしやすいかも。
ただキーボードとしての操作性や打感は一番最下位
巻物型にするにはどうしてもフニャフニャなシリコンタイプの素材にするしかない。なのでタイピングは苦手なキーボード。
でもシリコンにすることで洗えたり、水やほこりには強いのがメリットにもなる。

電池の持ち

電池のもち

有線なら電池は気にしないでOK
問題は無線の電池持ち。
USB充電が主体。
連続使用で40~100時間とキーボードによってまちまち。
電池残量がわからない場合は出かける前にこまめに充電したほうが良い。
出先で電池切れになったらただの荷物にしかならないからね。

特殊機能

折り畳みキーボードに付随した便利な機能をご紹介。

タッチパッド

前項でも少し触れたけど、マウスの代わりになるこのタッチパッド。
スマホやタブレットってどうしても指で操作するのが前提なのでOFFICEなどの文書作成ではマウスの方が便利なんだよね。
このタッチパッド機能があると、操作的にはかなり楽になる。
しかし!
iOS非対応だったり、Bluetoothのverによっては非対応だったりと制限が若干あるので各キーボードの説明はしっかり読もう。

テンキー

計算が多く数字を扱うならあると便利。
タッチパッドかテンキーが付いているパターン。
スマホでシュシュっと数字を選択するより圧倒的にテンキー使った方が早いのは言うまでもない。

スタンド

スマホやタブレットを立てかけておけるスタンド機能。
しっかりスタンドにスマホやタブレットがハマれば最高に便利。
なんだけど、ケースとか付けているとハマんなかったりするのが現実。
このスタンド機能はあくまでスマホなどが裸体の状態を想定されている。

まとめ

まとめ
  • 折り畳みキーボードの選び方ポイントは5つ
  • 折り畳んだ後の形にも注目
  • 基本は無線
  • テンキーは便利

今回は折り畳みキーボードの選び方ポイントをご紹介してみたよ。
出張などでノートPC持っていきたいけど、荷物が増えて重くなるのが嫌だ。
そんな人はタブレットかスマホに折り畳みキーボードがオススメ。
自分に合ったキーボードを是非見つけてみてね。
ではあ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です