pc周辺機器

オーディオテクニカのCKR35BTを使っている理由3点

ckr35bt

こんにちわ、ぴょん吉だよ。
最近のiPhoneは防水性がアップしたことでイヤホンジャックがなくなった。
これによってイヤホンもBluetoothにする必要が出てきたんだよね。
(アダプターを使えば有線も可)

そんなこともあって、イヤホンもBluetoothが主流になったんじゃないかな。
この記事では今ぴょん吉が使っているBluetoothイヤホン。
オーディオテクニカの「ATH-CKR35BT」について書いていくよ。

選んだ理由3点

種類

CKR35BTを選んだ理由を書いていくよ。

サウンドメーカー大手である点

オーディオテクニカと言えば、イヤホンやヘッドホンの老舗。
昔から音関連の製品はいっぱい製造している。
イヤホンだけでなくスピーカーやマイク。
音のあらゆるシーンで登場する。

信頼性が非常にあるメーカーだと思っているよ。

どんな音楽にも合う

低音が極端に強かったり、モニタースピーカーみたいなフラットな音だったりとメーカーによって味が出るのが、音質。

オーディオテクニカはオールマイティとぴょん吉は思っている。
よく言えば、どの音楽にも合うし、イコライジングによって自分好みの音質を作りやすい。
悪く言えば、特徴的な強い音域がない。

紛失しにくい

Bluetoothイヤホンの宿命は無線ゆえに紛失しやすいということ。
特にイヤホンのピース部分だけだと、左右どちらかを紛失すると終わる。。
コンパクトで持ち運びやすいのだけど、片方を失くす可能性大

でもCKR35BTはちゃんと繋がっているから大丈夫
もし落としても、すぐに気がつくことができるんだ。

気になった点

check

この項目では使っていて気が付いた点を書いていくよ。
実際の物って数週間使ってみないとわからないことがあるからね。

襟クリップ

clip

「こんなクリップ要らないやっ」と思って使ってなかったけど。
これが間違え。
クリップがないと結構ずれて耳からイヤホンが外れる。
元々耳の穴と丁度いいイヤーピースがない原因もあるけど。

後ろの襟にクリップするとイヤホン本体が固定される
これにより雨が降ろうが風が吹こうが、走っても歩いても大丈夫。
がっちり固定。

でもぴょん吉は不器用なので後ろのクリップが瞬時にできない
こればかりは慣れが必要だよ。

電池のもち

毎日4-50分ほど使って、1週間くらい。
メーカー値だとフル充電で7時間のバッテリーとのことなので。
概ねその通り。

スマホ上にも電池の用量が表示されるから少ないと感じたら充電しといたほうが吉。

電池が少なくなると、警告音が鳴る。
これが結構うるさい。
1回鳴ればわかるのに、結構頻回に鳴る。
音楽どころの話じゃない。

値段相応の音か

アマゾンだと2020/9/29 現在\3,480-が最安値。
ぴょん吉が購入した去年はもう少し高くて\4,000-くらいだったかな。
この価格帯であれば、どこのメーカーでも大きく音質に変わりはない。
と言われがちだけど。
イコライジングなしだと違いはあるよ。

とくにカナル型特有の音のこもり感だったり。
昔のオーディオテクニカは覚えている限りだと、音のこもりが結構強かったけど最近のはクリア

数万円するイヤホンと比べてしまうと、音質の奥深さやクリアさは確実に負けてしまうけど
とりあえず、それなりの音で聞ければいいやって人には十分なクオリティーだと感じるよ。

まとめ

まとめ

オーディオテクニカのCKR35BTについて書いてみたよ。
選定理由を3点挙げたけど、意外と使ってみてから気がついたことが
多くて自分でもびっくり。
Bluetoothイヤホンの中では入門編に位置する価格帯なので、
デビューする人はこのイヤホンからがオススメ。
イヤホンの世界は上を見たらキリがないからね~。
ではこのへんで~。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です