書評

30代でしておきたいこととは!

こんにちわ、ぴょん吉です。
30代。
誰もがあっという間に過ぎ去ると言います。
いろんなことが起きる時期ですよね。
今回はそんな30代のうちにやっておきたいこと17つを
書いてくれた本をご紹介します。

30代でやばいなと思った人

なんかよくわからないけど、30になって焦りを感じたりしていませんか?
それは仕事だったり、プライベートだったり。
周りと比較すると、
昇進している人。
家族ができている人。
家を買っている人。
いろいろな変化が起きているはずです。

そんな中。
自分だけが20代と何一つ変わったことをしていない。
環境は変わったけど実感がない。。。など。

17つも考えなくてもいい

私は17のうち1つでも気づけば良いのじゃないかと思います。
参考までに自分が考えていなかったことを気づかせてくれます。

本田健さんはお金のスペシャリスト

著者の本田さんはユダヤ人大富豪の教えを執筆した、お金のスペシャリストです。
ではなんでそんな方が人生の教えを説いているのでしょうか。
それはきっと、人生を豊かに考えることで
お金が舞い降りてきたのではないかと考えます。

30代の教え以外にも20代や50代など幅広く執筆をしています。

この本は30代を黄金時代としています

通して言えることは30代で人生のほとんどが決まるということです。
それは今後のお金や家族が劇的に変化して。
それ以降は変わることが確率的に難しいと書いています。

確かにお金持ちは20代のうちから稼いでいるし、
40代になってから突然大家族になることも難しいでしょう。

だからこそ人生を決める30代を無駄にしてはいけない。
時間は有限。
一秒たりとも無駄にはできません。

30代のメンターとは

私がこの本を読んで一番得られたものというか、
気づいたところについて書いてみます。

今の自分にメンターはいますか?

職場にあなたの理想となる先輩はいますか?
「10年上の先輩は10年後のあなたです。」
というのが、この本が伝えてくれたキーワードです。

その先輩がとても優秀で後輩思いで、
自分が10年後、先輩のようになりたい!目標として見れるのであれば。
その仕事は続けるべきです。
他にも残業だったり業務内容だったりはありますが。

しかし現時点でメンターなる先輩がいない場合はどうでしょうか。

メンターがいなければ行動するべき

10年上の先輩が、仕事ができない。
周囲の評価も低い。
単になあなあな仕事、いい加減な仕事をしているだけ。

そんな先輩に10年後、自分はなってしまうかもしれない。
と危惧するだけでは意味がありません。

行動しなければ、変わろうとしなければ意味がないのです。

そしてそれに気づかせてくれたのは、本のおかげと言ってもいいでしょう。

メンター探し

職場にとてもじゃないけど尊敬できる先輩がいない。
そんな時、どうしましょうか?

外に目を向けるしかないですよね。

まずは他部署でも良いかもしれません。
積極的に他部署とコミュニケーションを図り、連携を取る。
他部署であれば優秀かつ面倒見の良い年配者がいるかもしれない。

たとえ業務内容が異なっていても、仕事に対するマインドは同じです。

同社内でなくてはいけないなんてことはありません。

インターネットが発達した現代では、オンラインで繋がることもできます。
ズームを使った会合に出席するのもありでしょう。

ユーチューブやツイッターと本名を使わなくても業界的な繋がりは得ることができるものです。

何でも行動を起こすという概念は20代と同じですが、
年齢を重ねるにつれて行動への気軽さは失われていきます。

30代の行動力は最後の年代だと気が付きますよ。

まとめ

2冊連続で30代に向けての書評をしてみました。
色々考えされられました。

でも本を読まなければ、こんな風に意識を向けることはなかったでしょう。
そしてなあなあに、この時間を過ごして気づいたら40代になってしまいます。

今こそ、改革です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です